気の早い話

  • 2015.06.08 Monday
  • 21:13
おひさしぶりです。’12年度生ブログ担当の村長です。

後輩たちが頻繁に更新してくれているので、かなりブログの内容が充実してきています。
僕とジョイくんが担当していた時はレイアウトや劇団プロフィールに気が回らないばかりか、更新すらなかなかできていなかったので反省するばかりです(汗

さて今回僕が書くのは気の早いですが卒業公演のお話です。
劇団おらんじぇの公演は基本的に年に三回、一年の中で最も大きな規模となる夏公演、主に新入部員の初舞台となる文化祭公演、そして今回お話する卒業公演。

卒業公演というのは、卒業を間近に控えた4年生による最後の舞台です。

学生演劇の特徴としてメンバーの入れ替わりがあります。一般の劇団さんと違い同じ人が何年も劇団に所属するということはありません。四年経てば部のメンバー全体が入れ替わります。
新しい出会いにワクワクもしますが、卒業生を送り出す時には、やはり寂しいものがあります。自分たちが卒業する立場になったと思うと感慨深いものがあります。

四年経てばメンバー全体が入れ替わると言いました。
しかし、何年も前の劇団おらんじぇの公演DVDを観ていると、名前も知らない先輩たちなはずなのに、どこかおらんじぇらしいなと思うことがあります。

知らず知らずのうちに何か受け継がれているものがあるのかもしれませんね。私たちはその「何か」を残せているのか、卒業公演で彼らに残せるのか、そんなことを思います。


さて、話を卒業公演に戻します。
四月には台本が、五月の初めには演出、助演出、舞台監督が決まりました。

演出…しゃろん
助演出…村長
舞台監督…ゆず

演出、助演出には去年の夏公演コンビのしゃろんと私、そして舞台監督には一昨年の夏公演、「人狼たちのうた」でその手腕を発揮してくれたゆずくんとなりました。この三人を中心に舞台を作っていきます が、この三人以外にも個性派ぞろいの’12年度生です、どんな舞台が出来上がるのか私自身とても楽しみにしています。

公演は来年の二月か三月を予定しています。この「二月か三月」という表現からして気の早い話という感じがしてなりませんね…。

今回の記事はここまで。また近況報告や、四年生にまつわる裏話など書けることができれば書きたいなぁ…と思っています。

それではまた(^^)。









 

スポンサーサイト

  • 2017.11.12 Sunday
  • 21:13
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    工藤君、約束通り載っけておきました。
    では、頑張って。
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    新入生の皆さんへ

    新年生の皆さん!劇団おらんじぇは、 毎週火、水、金曜日活動中ですよ!! みんな!来てね!!

    劇団おらんじぇについて

    劇団おらんじぇの詳しいプロフィールはこちらから!

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM