一年の締めくくり!前編

  • 2018.12.31 Monday
  • 12:00

 おはようございます、バトラーです!

 早いものでもう大晦日、平成最後の12月が終わり新しい年を迎えようとしています。

 

 そんな記念すべき日にお送りするのは特別企画、「新旧部長による一年の総括」です!

 

 この一年を二人の部長はどのように過ごし、どのように思っていたのかを二回に分けてお伝えしていこうと思います!

 大掃除の休憩などに読んでいただければ幸いです。

  最初は前部長のもくじからです!

 

 部長としての2018年の思い出

 春公演、夏公演、文化祭公演など、どの公演も思い出深いです。でも、一番思い出深い事と言えば、今年も多くの新入生が入ってくれたことですね。それだけ、おらんじぇの楽しい雰囲気がアピール出来ていたのかなと思います!

 

   

 

 来年以降のおらんじぇへ期待すること

 今までのおらんじぇより、活動の幅が広がっていって、より多くの人におらんじぇの存在を知ってもらえるようになればなぁ....と個人的には思っています。

 加えて、三年前から人数がいきなり増え、色々な経験を経て、人数を生かした運営体制が出来てきたように思います。

 これまでの活動経験や人数を生かし、今までよりももっとお客様に楽しんでもらえるような公演を目指して欲しいです!!

 

   

 

 おらんじぇについて何か一言

 おらんじぇは、色んな個性がぶつかり合う為の場だと思っています。これからおらんじぇがぶつかり合って生み出す面白さに大注目です!

 

 以上が劇団おらんじぇ前部長もくじによる2018年の総括でした。

 劇団おらんじぇは観劇に来てくださる皆様や活動を支えてくれた多くの方々はもちろん、卒業後も見守ってくれる先輩たちのおかげで今まで続いていくことができました。そんな彼ら彼女らに敬意を払いつつも、自分たちはそれを越えていこうという思いを胸に来年も活動していきます!!

 先輩方、三年間お疲れさまでした!これからは自分たちの成長を見守っていてください!

 

         

 

 さて、次の更新ですが、本日12/31の18時を予定しています!

  そちらもよろしくお願いします!!!

一年の締めくくり!後編

  • 2018.12.31 Monday
  • 00:00

 おはようございます、バトラーです!

 今年も残りわずかですがいかがお過ごしでしょうか。

 今回は前回に引き続き、「新旧部長による一年の総括をお送りいたします。

 

 今回は新部長シャンディによる一年の総括です。

 

 新部長としての2018年の思い出

 どうも新部長のシャンディです。

 2018年の劇団おらんじぇはいかがでしたでしょうか?春公演に始まり、夏公演、文化祭公演と3度公演を行いました。どれも違った色を持ち、素敵なものをお届けできたのではないかと思います。

 この役職に就いて、よく考えることがあります。「演劇ってなんだろう」って。劇を演じる、と書きますが本当に演じることが全てでしょうか。結論として、そんなものただの自己満足です。裏方やお客様との関係性は必要不可欠、つまりは演劇は架け橋のようなものなのです。最近1歩ひいて練習を見ているとそう感じます。わたくしシャンディ、少し変わった1年だったのかもしれません。

 

   

 

 来年の抱負

 来年の我々を熟語で表すのであれば“挑戦”ですね。「新たな果実」といったところでしょうか。皆様に多くの笑い、感動をお届けできるようチャレンジを繰り返していきます!

 

 

 来年のスケジュール

 ぐんぐん成長中の劇団おらんじぇ、来年もどんどん活動していきますよー!まず、例年行ってこなかった試みとして学童保育での公演を予定しています。お客様をお招きするわけではないため披露することはできないかもしれませんが、更なるスキルアップのため力を入れていきます!春には新入生へ向けた春公演、夏にはおらんじぇのメインイベントの夏公演、秋には初々しい一年生による文化祭公演を計画中です。乞うご期待!

 

        

 

 最後に、演劇に興味がある在校生の方、もしくは常葉大学へ来年度入学する方。活気溢れる部活の一員になってみませんか?劇団おらんじぇはいつでもあなたの見学・入部をお待ちしております!お気軽にメール及びTwitterまでご連絡ください!

 

 以上が劇団おらんじぇ新部長のシャンディによる2018年の総括と2019年に向けての抱負でした!

 心強い先輩方が抜けてしまい寂しさと不安でいっぱいですが、我々からも新しい風を起こしていって、より皆様も、そして部員一同も楽しめるような劇団に成長していこうと覚悟をきめて進んでいきますので、これからもどうか応援をよろしくお願いいたします!

 では皆様、よいお年を〜

  

 

「もっというと探偵」文化祭公演振り返り🍁

  • 2018.12.24 Monday
  • 13:32

おはようございます!

広報担当のぴりかです🙇♀


※文化祭公演振り返りコメント第1回の時に全3回にわけてお送りすると発表しましたが、

訂正して全4回でお送りいたします💦



さてさて、今回で文化祭公演振り返りコメント投稿最終日!

そんなラストを飾るのは、もっというと探偵の演出だーさんです!



それではどうぞ☺


 ̄藹
   小道具
(演出をやらせてもらって)
すごく大変でしたが、とてもやり甲斐がある仕事で楽しかったです😊

当たり前のことかもしれませんが、良い意味でも悪い意味でも頭の中にあるイメージと実際に役者さんが演じてくれるのギャップがあって劇を作っていくのは面白いなぁと思いました。特に今回の劇はギャグ路線だったのでクセのある部員達のアドリブにはとても笑わせてもらいました。(笑)

また今回、諸先輩方をはじめ色んな方々に助けて頂きました。そして、当日には沢山のお客様が観てくださり、この劇を無事上演することが出来ました。
本当にありがとうございました!!

(小道具をやらせてもらって)
今回の劇では手錠・ソフトボール・ハチマキなど特殊な小道具があり、劇に合ったモノを集めるのが大変かもしれないと思いましたが、想像以上に早く見つかり、練習でも早めに使えて良かったです!
集めたり、作ったりする小道具部門の大変さも感じましたが、本番に集めた小道具が劇の一部として使われているのを観た時とても嬉しかったです。


公演全体を通して
率直に言うと、まだまだ…だったなと思いました(汗)。練習でも本番でも、反省する所や改善しないといけない所が沢山あって、このままじゃいけないなと思わせてくれる公演でした。

そんな中で1番印象的だったのはお客様の反応でした。今回のお客様は様々な場面で笑ったり、驚いたりして下さって、それに乗って役者も上がってきてお客様の力をとても感じました。

私も2日目は客席から観ていたので、お客様の反応を直に感じて、演劇って化学反応みたいで凄いなと思いました!演出としては、その反応に驚きや嬉しさ、悔しさも感じて(ほんの一部分ではあると思いますが、演劇の深さを知って)もっともっと頑張らなきゃなと思いました。

次回以降の公演への意気込み
文化祭公演を「体験」ではなく「経験」として生かして次回も頑張ろうと思います💪

全力で!!!


せ笋呂海良饌罎魴亳海靴導悗鵑世海箸裡韻弔蓮嵜頼すること」です。

練習が始まった週、不安ばかりだった私に、ある先輩が「不安かもしれないけど、信頼できる人達だから大丈夫」と言ってくれました。

でも、その時の私は「信頼する」って怖いなって思ってました。相手に無理な圧力をかけてしまうのではないかと、、。

ですが、とある日の練習で「ここは〇〇さんが面白くしてくれる」と自分が信頼した時、相手の役者さんもそれ以上のものを出してくれて、「信頼する」ことの大切さを改めて感じました。

それからは、まず私から相手を信頼して、コミュニケーションをとったり、練習を重ねたりしていき、私自身も信頼してもらえるようにこの劇に対して真正面から取り組んでいきました。

そして、本番では「役者」や「音響」や「照明」など全ての人を信頼して、見守ることができました。演出は本番では全く関わることはできないけれど、安心して見守ることができるのは、「信頼すること」ができるからなんだと、その時強く思いました。


以上、演出(だーさん)からでした!


これで、「もっというと探偵」の文化祭公演振り返りコメントは以上になります😊


今後も劇団おらんじぇをよろしくお願い致します🙇♀

「もっというと探偵」文化祭公演振り返り🍁

  • 2018.12.23 Sunday
  • 12:22

おはようございます!

広報担当のぴりかです🙇♀


今回は、死体の人(イオンさん)と謎の男(代官さん)の振り返りコメントです☺


それでは、どうぞ!


〇狢里凌


∈2鵑諒顕什弩演では死体の役を演じさせて頂きました。大学では3年、演劇人生通すと9年目でしたが死体になったのは初めてでした。約10年間演劇をしていても新たな出会いや発見に溢れており、たいへんやり甲斐ある役でした。

け薹猊瑤任3年半を振り返って〜

これから後輩たちも様々な舞台や役職との出会いがあると思います。そしてその出会いはきっと全て皆さんに色んな影響を与え、人生が変わる…かは分かりませんが確かな成長として残るはずです。

どうかこれからも舞台たちと素敵な出逢いがあると信じて……文化祭公演でお疲れ様でした!みなさんが紡ぐこの先の舞台を楽しみにしています!

以上、死体の人からでした!

続いては謎の男からの振り返りコメント!

‘罎涼

劇中で一番何をしても許される役を頂き、とても楽しく演じることができました。
役として舞台に立つ時間は他の役者と比べると短かったのですが、観てくださる方々の印象に残る役ができていれば嬉しいです。

0貲生と他学年がお互いに良い影響を与え合い、良い舞台を作れたと思います。
コメディ色の強い舞台の良さをしっかり表現できました。

ぜ_鷂演は本格的に学年の垣根を超えて舞台を作るので、今回のように良い関係を築きながら稽古が出来れば良いと思います。


以上、謎の男からでした!


次回は演出(だーさん)の振り返りコメント掲載予定ですのでお楽しみに😌

「もっというと探偵」文化祭公演振り返り🍁

  • 2018.12.22 Saturday
  • 03:17

おはようございます!

広報担当のぴりかです🙇♀


こんな夜中に投稿失礼致します💦


さてさて、今回は「もっというと探偵」文化祭公演振り返りの第2弾となります!


第2弾は従業員(ぴりか)とツアーガイド(トキ)の振り返りコメントです☺

それではどうぞ!!


―抄醗、メイク・衣装担当


⊇抄醗・・・従業員という役は試行錯誤の繰り返しでした。自分にはもってない魅力をこの役は持っており、その魅力をどのように表現したら観客の皆様に伝えることができるだろうかと悩まされることもありました。

そして、そのために意識したことはこの役の特徴である独特なツッコミです。

ツッコミのパターンや間を使い分けることでセリフにメリハリができるようになり、自然と従業員という役に近づいていくことができました。

従業員という役を演じることを通して、自分の演劇の引き出しを増やすきっかけをくれた彼女には感謝しています。


メイク・衣装・・・役に合わせたメイク、衣装を考えることは初めてでとても難しい面もありましたが、試行錯誤を繰り返し、役者の方たちと一緒に1つの役のイメージを作っていくことが出来ることに嬉しさや楽しさを感じました。

メイクや衣装が変わるだけで同じ役でも印象はガラリと変わります。

役のイメージだけでなく、役者の方のイメージも交えて考えることで、より納得するメイクと衣装案を提供することが出来たかなと思います。


みんなで1つの舞台を作り上げることはこんなにも楽しいということを学ぶことができました。何回も、何十回も練習をしてきても、お客様の前で見せる演劇はたったの1回。

そのたった1回の公演に今までの練習の成果、舞台に対する気持ち…全てを詰める気持ちで取り組みました。

そして、この舞台が成功することができたのはチームのみんなの支えがあったからです。

舞台は役者だけでは到底成り立ちません。音響、照明、演出、メイク、衣装、大道具など、たくさんのひとたちがこの舞台には関わることで成り立っています。今回の舞台を通して、改めてそのことを感じました。


い泙困蓮⊆分の持っている役の引き出しをたくさん増やせるようにしていきたいです。

様々な場面に応じて役を変えていくことが今の私の課題なので、いろんな役を演じる経験を積むことが大切だと思っています。

自分に限界を作らない、役の可能性は無限に。そのことを忘れないようにしたいです。

また、舞台作りにおいては、舞台を支えてくれるみんなへの感謝を忘れず、相手を信頼することをたいせつにしていきたいです。


以上、従業員からでした!


続いてはツアーガイドのコメントのご紹介😊


〔鮨


ツアーガイド、音響


¬鮨Δ鬚笋辰討澆


ツアーガイド

本当に公演が終わるまで、不安ばかりでした。ちゃんとツアーガイドに見えるかな?自然に演じられているかな?などなど。でも、いろんな方からアドバイスを頂いて、自分がその時できる精一杯のツアーガイドを演じる事が出来たので、すごく楽しかったし、何より、みんなで一緒に出来た事、お客さんに楽しんでもらえたことに感謝です。


音響

その劇に合うような音を探すのは、大変だったけれど、演出さんと相談して、採用された時の嬉しさ、喜びは、本当に忘れられません。達成感がすごく感じられる役職でした。


8演全体を通しての感想


またやりたい!と思うような劇で、すごく楽しかったです。個性豊かで、面白い方が多く、練習から、笑いが溢れていて、そんな雰囲気がとても好きでした。笑っているお客さんも多く、すごく嬉しかったです。


ぜ_鶲聞澆慮演への意気込み


その役に一生懸命向き合い、なりきれるように、努力し、周りをよく見て、行動も出来るように努力したいです。


ド饌罎魴亳海靴


演劇をすることは初めてで、感情をどう言葉にのせながら、表現したら良いかとか、見せ方とか、全くわからなかったけど、先輩方に教えて頂いて、いろいろなことを学んだので、生かせるものは、これから、どんどん生かしていきたいと思います。自分が1番大変だと感じたのは、殻を破ることでした。なかなか破ることが出来ないまま、本番を迎えてしまい、本番で殻を破るという、自分も何故ここで?と思ったけれど、結果的には悔い残らず、寧ろやって良かったと思っているので、良かったのではないかと思います。初めて舞台を経験して、殻を破る=思い切りやる大切さを学びました。


次回は死体の人、謎の男からの振り返りコメントとなります!

お楽しみに☺

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

新入生の皆さんへ

新年生の皆さん!劇団おらんじぇは、 毎週火、水、金曜日活動中ですよ!! みんな!来てね!!

劇団おらんじぇについて

劇団おらんじぇの詳しいプロフィールはこちらから!

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM